Amazonプライムビデオの月額料金・年会費はいくら?一日あたりの利用料金も紹介

Amazonプライムビデオの月額料金はいくら?

AmazonプライムビデオはAmazonプライム会員特典の一つで、他の動画配信サービスよりも安く利用することができます。

Amazonプライム会員特典
  1. Amazonで購入した商品の配送料が無料
  2. お急ぎ便や日時指定便も無料
  3. プライム・ビデオで映画やドラマ、アニメが見放題
  4. Prime Musicで音楽が聴き放題
  5. Prime Readingで本が無料で読める
  6. Amazonプライムラジオでラジオが聴ける
  7. 電子書籍リーダーのkindleが安く買える(4,000円引き)
  8. kindleの本が毎月1冊無料で読むことができる
  9. Amazonパントリーで日用品をまとめ買いできる
  10. Amazonファミリーでベビー用品をお得に買える
  11. 毎年7月開催のAmazonプライムデーに参加できる
  12. Prime nowで商品を最短2時間以内に受け取れる
  13. Prime photosで写真データを保存できる(5GBまで)
  14. Amazon Freshで生鮮食品が買える
  15. プライム・ワードロープで洋服や靴、バッグ、腕時計等の試着ができる
  16. Prime Pets(プライムペット)で犬・猫コンテンツが利用できる

これだけの特典をAmazonプライムビデオと一緒に受けられる動画配信サービス史上No.1のコストパフォーマンスです。

Amazonプライムビデオの月額料金、年間でいくらかかるのか、1日あたりの利用料金、他の動画配信サービスと比べて安いのか詳しく紹介していきます。

Amazonプライムビデオの月額料金・年会費

Amazonプライムビデオの料金は月間プランと年間プランで料金が異なります。

月間プラン:500円(税抜)

年間プラン:4,455円(税抜)・371円(税抜)/月

おすすめは月々の支払いが約100円安くなる年間プランです。

Amazonプライムビデオの一日あたりの利用料金

月間プラン:16.7円(税抜)

年間プラン:13.7円(税抜)

Amazonプライムビデオの1日あたりの最安料金は13.7円(税抜)です。

配信コンテンツ数は10,000本以上なので、1本あたり0.0371円で視聴することができる計算になります。DVDレンタル屋さんでDVD1枚100円でレンタルすると考えると、Amazonプライムビデオでは2,695本見れるのでどれだけ安いかがわかりますね。

\30日間無料体験実施中/

※いつでも無料体験をキャンセルできます

目次へ戻る

他の動画配信サービスとの比較結果

Amazonプライムビデオの月額料金は年間プランで371円(税抜)なので、動画配信サービスの平均よりも安いです。

動画コンテンツ数はhulu(フールー)やU-NEXT、dTVよりも見劣りしますが10,000本以上視聴可能+Amazonプライム会員特典と考えると十分安く利用することができます。

動画配信サービス 公式サイトはこちら 公式サイトはこちら 公式サイトはこちら 公式サイトはこちら 公式サイトはこちら 公式サイトはこちら 公式サイトはこちら 公式サイトはこちら 公式サイトはこちら 公式サイトはこちら 公式サイトはこちら 公式サイトはこちら 公式サイトはこちら 公式サイトはこちら 公式サイトはこちら
詳細 詳細記事 詳細記事 詳細記事 詳細記事 詳細記事 詳細記事 詳細記事 詳細記事 詳細記事 詳細記事 詳細記事 詳細記事 詳細記事 詳細記事 詳細記事
月額料金(税抜) 933円 1,990円 371円 500円 888円 1,800円 925円 933円 960円 400円 1,750円 1,990円 700円 2,300円 3,600円
年間料金(税抜) 11,196円 23,880円 4,455円 6,000円 10,656円 21,600円 11,100円 11,196円 11,520円 4,800円 21,000円 23,880円 8,400円 27,600円 43,200円
ポイント(月) 1,200ポイント dポイント 1,100ポイント dポイント
無料期間 14日間 31日間 30日間 31日間 1ヵ月 なし 14日間 30日間 1ヵ月 31日間 1ヵ月 31日間 31日間 加入月無料 加入月無料
コンテンツ数 60,000本以上 190,000本以上 10,000本以上 120,000本以上 40,000本以上 10,000本以上 10,000本以上 3,800作品以上 10,000試合以上 40,000本以上
強いジャンル ALL ALL レンタル作品 音楽 フジテレビ作品 オリジナル作品 国内ドラマ レンタル作品 オリジナル作品 アニメ スポーツ レンタル作品 ディズニー作品 スポーツ・音楽 ALL
画質 フルHD フルHD・4K フルHD・4K フルHD・4K フルHD フルHD HD SD・HD フルHD HD フルHD・4K フルHD フルHD フルHD SD・HD・4K
登録デバイス数 複数OK 複数OK 複数OK 5 複数OK 4 5 5 複数OK 複数OK 6 5 5 5 3
同時視聴 1 4 3 1 1 4 1 1 2 1 2 1 4 5 3
ダウンロード × × ×
録画 × × × × × × × × × × × × ×
漫画・雑誌 × × × × × × × × × × × ×
アダルト × × × × × × × × × × ×
購入・レンタル × × × × × × ×

価格ランキング

  1. prime video(371円(税抜)/月)
  2. dTV(500円(税抜)/月)
  3. FODプレミアム(888円(税抜)/月)
  4. Paravi(925円(税抜)/月)
  5. hulu(933円(税抜)/月)

動画配信サービスを一番安く視聴したい場合は「prime video」がおすすめです。

AmazonプライムビデオはAmazonプライム会員になると視聴することができ、動画だけではなく漫画や雑誌、音楽も対象作品見放題になるのでコストパフォーマンスに優れています。

Amazonプライム会員特典
  1. Amazonで購入した商品の配送料が無料
  2. お急ぎ便や日時指定便も無料
  3. プライム・ビデオで映画やドラマ、アニメが見放題
  4. Prime Musicで音楽が聴き放題
  5. Prime Readingで本が無料で読める
  6. Amazonプライムラジオでラジオが聴ける
  7. 電子書籍リーダーのkindleが安く買える(4,000円引き)
  8. kindleの本が毎月1冊無料で読むことができる
  9. Amazonパントリーで日用品をまとめ買いできる
  10. Amazonファミリーでベビー用品をお得に買える
  11. 毎年7月開催のAmazonプライムデーに参加できる
  12. Prime nowで商品を最短2時間以内に受け取れる
  13. Prime photosで写真データを保存できる(5GBまで)
  14. Amazon Freshで生鮮食品が買える
  15. プライム・ワードロープで洋服や靴、バッグ、腕時計等の試着ができる
  16. Prime Pets(プライムペット)で犬・猫コンテンツが利用できる

コストパフォーマンスランキング

  1. dTV(1本あたり0.0042円)
  2. U-NEXT(1本あたり0.0105円)
  3. hulu(1本あたり0.0155円)
  4. FODプレミアム(1本あたり0.022円)
  5. prime video(1本あたり0.0371円)

計算では動画1本あたりの価格が一番安くコストパフォーマンスが良いのは「dTV」です。

しかしここには大きな罠が…dTVにはカラオケやミュージックビデオ、その他あまり見なさそうな作品も1作品としてカウントされているので、実際の作品数はU-NEXTやHuluと比べて少ないです。

また海外ドラマ等もシーズンの途中から課金制になるものもあるので、動画配信サービスはコストパフォーマンスだけで判断しないようにしましょう。

U-NEXTやhuluも1本あたり約0.01円で見ることができるので普通にレンタルするよりも格段に安いです。コストパフォーマンスと質を兼ね備えたU-NEXTかhuluのほうがおすすめだといえます。

Amazonプライムビデオも1本あたり0.0371円で5位と健闘してます。

コンテンツ数ランキング

  1. U-NEXT(190,000本以上)
  2. dTV(120,000本以上)
  3. hulu(60,000本以上)
  4. FODプレミアム(40,000本以上)
  5. Rakuten TV(40,000本以上)

視聴できるコンテンツ数は「U-NEXT」が一番です。190,000本以上のコンテンツを視聴することができるので、必ず観たい動画が見つかります。

U-NEXTは1,990円でアカウントを4つまで作成することができるので、家族4人で視聴すると1人あたり約500円で利用することも可能です。視聴する方が多い場合は断然U-NEXTがおすすめとなります。

2位はdTVとなっていますが、先述にある通りカラオケやミュージックビデオ等もコンテンツ数に含まれるので注意しましょう。コンテンツ数でも安定のU-NEXTかHuluがおすすめです。

Amazonプライムビデオは10,000本以上なので、他の動画配信サービスよりは作品数が少なくなっています。

同時視聴可能数ランキング

  1. U-NEXT(4)
  2. NETFLIX(4)
  3. prime video(3)
  4. DAZN(2)
  5. AbemaTV(2)

同時視聴可能数は「U-NEXT」が一番です。

U-NEXTはアカウントを4つ作成することができるので、複数人で別々の動画を楽しむことができる唯一の動画配信サービスとなります。

Amazonプライムビデオも最大3台まで同時視聴できるのでおすすめです。ダウンロード機能を利用すれば4台以上で視聴することもできます。

利用用途別おすすめ動画配信サービス

利用用途 動画配信サービス
映画(邦画)
映画(洋画)
ドラマ(国内)
ドラマ(海外)
アニメ
スポーツ
レンタル
アダルト

※「利用用途別おすすめ動画配信サービス」はおすすめの3サービスを抜粋しています

月額料金が高い分、価格・コストパフォーマンス・コンテンツ数・同時視聴数・利用用途別すべてで平均以上のU-NEXTがおすすめです。

次点はhulu。dTVもデータでは価格・コストパフォーマンス・コンテンツ数はhuluを上回っていますが、実際に視聴できる作品数と質を考慮するとhuluのほうがおすすめです。U-NEXTとhuluを同時に利用するとスポーツ以外のほとんどの作品を見ることができてしまいます。

国内ドラマは日本テレビ系列のhulu、フジテレビ系列のFODプレミアム、TBS・テレビ東京系列のParaviがおすすめです。

スポーツはDAZNの1強。スポーツを中心に見たい方はhuluやU-NEXTよりもDAZNを契約することをおすすめします。

見放題だけではなくレンタルもしたい方はU-NEXT、Amazonプライムビデオ、TSUTAYA TVがおすすめです。U-NEXTは1,200ポイント、TSUTAYA TVは1,100ポイントが毎月貰えるので無料で2本~3本新作をレンタルすることができます。

\30日間無料体験実施中/

※いつでも無料体験をキャンセルできます

目次へ戻る

Amazonプライムビデオの特徴

月額371円(税抜)

Amazonプライムビデオの年会費は4,455円(税抜)、月額にすると371円(税抜)、日額だと約12円(税抜)で利用することができます。

同じ動画配信サービスのhulu(フールー)が933円(税抜)、U-NEXTが1,990円(税抜)なので半分以下の料金で利用することが可能です。

その他に一部有料配信動画をレンタル(100円~500円)して視聴することもできます。レンタル購入すると30日間いつでも視聴することができ、視聴開始すると48時間視聴可能です。

作品のレンタルが可能

Amazonプライムビデオは見放題だけではなく、最新作の映画やドラマのレンタルに対応しています。セール中であれば1本100円で最新作は400円~500円でレンタル可能です。

レンタルショップにいちいち借りに行かなくても、家に居ながらボタン一つでレンタルできるので、暑い日や寒い日、風が強い日、雨が降っている日でも気軽に楽しむことができます。

きれいな画質(4K対応)

Amazonプライムビデオの画質はSD・HD・4Kに対応しているので、きれいな画質で動画を楽しむことができます。

視聴作品はほとんどがHDで稀に4K対応の動画がある程度なので、4K動画は少ない印象です。

基本は4K未対応の「Fire TV Stick」やスマホ・タブレット、PCでの使用で問題ないですが、4K対応のテレビをお持ちの方は、「Fire TV Stick 4K」を利用して4K動画を楽しみましょう。

ダウンロード可能

Amazonプライムビデオの動画を視聴機器(スマホ・タブレット等)にダウンロードすることができます。最大4台の端末にダウンロードすることが可能です。

Amazon Prime Video使用規則

ダウンロードが選択可能な場合には、お客様は、ご自身が購入されたビデオを、Fireタブレット(Kindle Fire 1st Generationを除く。)、AndroidおよびiOS端末など、4台のダウンロード対応端末にダウンロードすることができます。

引用元:https://www.amazon.co.jp/gp/help/customer/display.html?nodeId=201422770&pop-up=1

視聴機器にダウンロードするとオフラインでも動画を視聴することができるので、移動中やWiFi環境がない場所でも通信容量を気にせずに動画を楽しむことが可能です。

Amazonプライムビデオの作品をスマホやタブレットにダウンロードする時は専用アプリをインストールして利用しましょう。移動前にダウンロードしておけば電車やバスの中でゆっくり動画を楽しめます。

Amazon プライム・ビデオ

Amazon プライム・ビデオ

AMZN Mobile LLC無料posted withアプリーチ

 

注意点

  • 一部の作品はダウンロード対応していないので注意しましょう
  • ダウンロードできるのは最大25本(25本以上になった場合は保存作品を削除してダウンロード)

\30日間無料体験実施中/

※いつでも無料体験をキャンセルできます

様々な機器で視聴できる

Amazonプライムビデオは、スマホやタブレット、PC、テレビ、ゲーム機と様々な機器で視聴することができます。

例)視聴方法

  • Fire TV Stick
  • スマホ
  • タブレット
  • スマートテレビ
  • テレビ+PS4
  • …etc

スマホ等の機器が家にない場合も、ネット環境(WiFi)とテレビ(HDMI端子)があれば視聴することが可能です。

テレビで視聴する際は「Fire TV Stick」「Fire TV Stick 4K」「Apple TV」「Google Chromecast」等の視聴機器を事前に準備する必要があるので注意しましょう。

Fire TV Stick(一番おすすめ

Fire TV Stick 4K

Apple TV

blank
Apple(アップル)

Google Chromecast

最大3台まで同時視聴OK

Amazonプライムビデオは使用規則に記載がある通り、1つのアカウント(同じアカウント)で最大3台まで同時視聴することができます。

Amazon Prime Video使用規則

お客様は、同じAmazonアカウントを使用して一度に3本までのビデオを同時にストリーミング再生することができます。お客様は、同じビデオを一度に2台を超える端末でストリーミング再生することはできません。

引用元:https://www.amazon.co.jp/gp/help/customer/display.html?nodeId=201422770&pop-up=1

一点だけ注意が必要なのが「同じ動画は同時視聴できない」点です。1つのアカウントを家族で利用している場合には注意してください。

どうしても同じ作品を同じタイミングで視聴したい場合は、事前に端末にダウンロードして視聴しましょう。ダウンロードした動画はオフラインで視聴可能なので、Amazon側で管理することができず同時視聴することができます。

ダウンロードする手間を省きたい方は、最大4台まで同時視聴可能なU-NEXTがおすすめです。(U-NEXTの記事はこちら

オリジナル作品が充実

AmazonプライムビデオではAmazonプライムビデオ限定のオリジナル作品も充実しています。

「バチェラー」「HITOSHI MATSUMOTO Presents ドキュメンタル」など、プライムビデオ限定の作品が多数あるので、それだけで楽しめます。

作品のカスタマーレビューが便利

Amazonプライムビデオでは商品のレビューと同じように作品のカスタマーレビューを確認することができます。

カスタマーレビューが良いからおすすめ!というわけではありませんが、いろんな方の作品の良い点や悪い点が書き込まれているので、何の作品を見るかの決め手として利用するのもおすすめです。

おすすめ機能

AmazonプライムビデオにはアクションやSF、アニメ、俳優、ドラマなどのおすすめ作品を紹介する「おすすめ機能」があります。

おすすめ機能では各作品ごとにおすすめ作品を確認することができるので、次に何を見るか迷ったときにすぐに作品を見つけることができます。

prime videoチャンネル

Amazonプライムビデオではサービスの一つとして「prime videoチャンネル」を提供しています。prime videoチャンネルは約40チャンネルあり、TV番組からスポーツ、キッズ、ニュースと幅広いジャンルを視聴することが可能です。

残念ながらこのprime videoチャンネルは有料となっているので、視聴したいチャンネルがあった場合は別途契約する必要があります。また、prime videoチャンネルはAmazonプライム会員しか視聴することができないので注意が必要です。

チャンネルの料金は安いもので月額198円から利用することができるので、視聴したいチャンネルがある場合はぜひ利用してみてください。以下は一例になります。

日本映画&テレビ番組

NHKオンデマンド 月額990円(税込)

シネマコレクション 月額396円(税込)

外国映画&テレビ番組

スターチャンネルEX 月額990円(税込)

アジアドラマチャンネル 月額880円(税込)

アニメ&キッズ

dアニメストア 月額440円(税込)

NICKELODEON Channel 月額440円(税込)

スポーツ

J SPORTS 月額2,178円(税込)

バスケットLIVE 月額300円(税込)

ニュース&ドキュメンタリー

テレビ東京ビジネスオンデマンド Select 月額550円(税込)

BBCワールドニュース 月額792円(税込)

キッズ番組が探しやすい

Amazonプライムビデオではキッズ向け作品が検索しやすく作品数も豊富です。★数のランキング順はもちろん人気キャラクターで検索することもできます。

男の子が活躍する作品、女の子が活躍する作品、年齢別おすすめ作品、知育向け作品とおすすめメニューもあるので、お子さんに合った作品をすぐに見つけて視聴することが可能です。

\30日間無料体験実施中/

※いつでも無料体験をキャンセルできます

目次へ戻る

まずは30日間無料トライアルがおすすめ

Amazonプライムビデオを利用されたことがない方は、まずは30日間無料トライアルを利用するのがおすすめです。30日間、AmazonプライムビデオをはじめAmazonプライム会員特典を無料で利用することができます。

30日間無料トライアルを利用して、Amazonプライムビデオの使用感や配信コンテンツ、Amazonプライム会員特典を確認しましょう。

実際に利用しないとわからないこともあるので、まずは無料視聴サービスを利用するのがおすすめです。

30日間無料トライアルは2回目も可能?

利用可能です。Amazonプライム会員の30日無料トライアルは基本、何回でも利用することはできます。

無料トライアル解約後すぐに再登録することはできませんので注意してください。解約後、一定期間が経つと無料トライアルを再度利用することができます。

30日間Amazonプライムビデオを利用するとその魅力が十分わかると思いますが、もう一度無料トライアルを利用したい方は、一度解約をして一定期間経過後に再登録しましょう。

※一定期間は決まってはいないので何日~何か月経った後に再登録を行って確認してください

\30日間無料体験実施中/

※いつでも無料体験をキャンセルできます

目次へ戻る

Amazonプライムビデオの登録方法

Amazonプライムビデオを視聴するために、Amazonプライム会員に登録しましょう。

会員登録ページにアクセスしてアカウント登録後に動画視聴をはじめることができます。

①Amazonプライム会員登録ページにアクセス

Amazonのプライム会員登録ページにアクセスして30日間無料トライアルをクリックします。

クリック後に以下の画面が表示されるので「Amazonアカウント作成」をクリックしてください。

②Amazonのアカウント作成

名前・フリガナ・Eメールアドレス・パスワードを入力してアカウントを作成しましょう。

登録後に入力したEメールアドレス宛に確認用コードが送信されるので確認してください。以下のようなメールが届きます。

コードを確認後にコードを入力してアカウント作成完了となります。

アカウント作成をクリック後に以下が表示された場合は「はい(Y)」をクリックして次に進みましょう。

③Amazonプライム会員登録

30日間無料体験を利用する場合も事前にクレジットカードまたはケータイ払い(docomo、au)の登録が必要になります。ここでお支払い方法を追加することでAmazonプライム会員となり特典を30日間無料で利用することができます。

登録時の注意点

  1. サービス利用期限日の確認

Amazonプライム会員にはじめて登録される方、一度登録・解約した後に一定期間経過して再登録される方は30日間無料体験が利用することができます。

30日間Amazonプライム会員特典を利用することができるので、この間に使用感や特典をお試しすることができるのでおすすめです。

30日を過ぎると料金が発生してしまうので、登録時にいつまで無料体験をすることができるのか必ず確認しておきましょう。

絶対に無料期間だけの利用で解約したい!という方は「自動更新しない」設定にすることも可能です。自動更新しないことで解約し忘れても料金が発生することはありません。

Amazonプライムビデオの解約方法

Amazonプライムを利用して満足できなかった場合は解約手続きが必要になってきます。

スマホアプリ・WEB上から解約することができるので、解約手続きを行いやすいほうから実施しましょう。

スマホアプリから解約

①Amazonのスマホアプリを起動

スマホにインストールされているAmazonアプリを起動します。起動後に以下が表示されるので、右下の「三」マークをクリックしてメニューを開きましょう。

メニューを開いた後に「アカウントサービス」をクリックしてください。

②プライム会員情報の設定変更

アカウントサービスをクリック後に下にスクロールすると「プライム会員情報の設定・変更」があるのでクリックします。

クリック後に表示される「プライム会員情報の管理▼」をクリックしてください。

③プライム会員の解約

クリック後に表示される「会員情報を更新し、プライムをキャンセルする」をクリックして解約手続きを進めていきましょう。

Amazonプライムを解約する前に、Amazonから最後の引き留めが何回か入りますが、気にせず進みましょう。

2回ほどAmazonからの引き留めが入った後に、最終解約画面が表示されます。終了をクリックして解約完了です。

月間プラン・年間プラン共にすぐに利用できなくなることはなく、解約後も利用期限日まで利用することができますので安心してください。

WEB(PC)から解約

①プライム会員情報ページへ移動

こちらからAmazonプライム会員情報ページへアクセスしましょう。

アクセスすると以下が表示されるので、右上にある「会員情報を更新し、プライムをキャンセルする」をクリックしてください。

プルダウン式となっているのでクリックすると下に以下が表示されます。「プライム会員資格を終了し、特典の利用を止める」をクリックしてください。

②プライム会員の解約手続き

Amazonプライムを解約する前にAmazonから最後の引き留めが何回か入りますが、気にせず進みましょう。

2回ほどAmazonから引き留めを受けた後に最終確認ページが表示されます。終了をクリックして解約完了です。

月間プラン・年間プラン共にすぐに利用できなくなることはなく、解約後も利用期限日まで利用することができますので安心してください。

解約時の注意点

  1. 無料期間内に解約をしないと料金が請求されます
  2. Amazonプライムビデオのみ解約することはできません
  3. 解約後すぐに30日無料体験を利用することはできません

無料期間内に解約をしないと料金が請求されます

Amazonプライム会員の30日無料体験を利用している場合、無料期間の30日以内に解約しないと料金が発生してしまうので注意してください。

最初から無料体験のみの利用を考えている方は、会員の自動更新をしない設定にすることで、解約し忘れた場合も料金が発生することなく利用することができます。

Amazonプライムビデオのみ解約することはできません

AmazonプライムビデオはAmazonプライム会員特典の一つなので、Amazonプライムビデオのみを解約することはできません。

Amazonプライム会員特典を利用されている方は、解約時に利用できなくなることを忘れないでおきましょう。

解約後すぐに30日無料体験を利用することはできません

Amazonプライム会員の30日無料体験は基本、何回でも利用することはできますが、解約後、一定期間が経たないと無料体験を利用することはできません。

毎月ごとに登録・解約を繰り返せばずーっと無料!ということは不可能なので注意しましょう。

目次へ戻る

まとめ

Amazonプライムビデオの1日あたりの利用料金、月額料金、年間料金について紹介してきました。

Amazonプライムビデオは動画配信サービスの平均月額料金よりも安く利用でき、別にAmazonプライム特典も利用することができるコストパフォーマンスNo.1のサービスです。

とにかく動画をたくさん見たい方にとってはコンテンツ数に少し不満を持たれるかもしれませんが、hulu(フールー)やU-NEXTなどの他の動画配信サービスを併用して利用すればコンテンツ不足の問題も解決です。

おすすめは動画配信サービスの平均月額料金に近く1,000円台で利用できるAmazonプライムビデオ+hulu(フールー)の組み合わせです。

  • Amazonプライムビデオ 371円+hulu(フールー)933円=1,304円(税抜)
  • Amazonプライムビデオ 371円+U-NEXT 1,990円=2,361円(税抜)

2週間無料視聴できるhulu(フールー)はこちら

30日間無料体験できるAmazonプライムビデオはこちら

Amazonプライムビデオに少しでも興味を持たれた方は、ぜひ30日間無料トライアルを利用して実際にサービスを利用してみてください。

利用してみて想像と違った・配信コンテンツが少ない・Amazonプライム特典をあまり利用しないと感じた方は、他の動画配信サービスの無料体験を利用して自分に合ったサービスを見つけましょう。

各動画配信サービスごとで特色や強みが異なるので、実際に無料体験で利用してみるのがおすすめです。

目次へ戻る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA